札幌・大通からiphone修理でよくある症状と豆知識

iphone修理でよくある故障

iPhoneを肌身離さず持ち歩いていると、どれだけ丁寧に扱っていても故障をする確率が高まります。
iPhoneは購入時の修理費用も高額ですが、修理でもかなりの金額が取られてしまうので出費を抑えるためには常日頃から対策を講じることが大切です。

 

 

画面修理が一番

実際に、どのような故障をするのかというと、多い故障内容は画面損傷が一番です。
例えばズボンの後ろポケットに入れていたり、手が滑って床に落ちた時に画面が割れてしまうわけですが、
その理由としては本体が金属であるため衝撃がフロントガラスに伝わりやすいこと、そしてそのフロントパネルが薄いということが挙げられます。

 

アプリを動かしているiPhoneの中身には問題がなくても、
画面損傷の程度がひどいと操作ができませんから、修理をするのはやむを得ません。

 

iPhoneのバッテリーの寿命とは

続いて多いのがバッテリー交換です。
バッテリーに使われているリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返していくことで、どんどんと劣化していきます。
およそ400回ほどの充電をしたときには、容量は当初の80%程度まで落ち込むとされています。

 

それ以降はさらに少なくなり、持ち歩いている時にバッテリーが切れてしまうという事態になるのです。

 

 

今後も同じ端末を使い続ける気持ちがあり、その状態を解消したいというのであれば、劣化したバッテリーを新品と取り替えるしかありません。
iPhoneの場合には、バッテリーが本体の中に組み込まれており、ユーザーが自由に取り外せない設計になっています。
従って、本体を分解してバッテリー交換することが出来るメーカーや安心できる修理業者に依頼することになります。

 

やっぱり多い水没修理

そして、その次に多い故障内容は水没です。

 

トイレに便座に座った時に落ちてしまったり、飲み物をこぼしてしまったりと、日常生活でもiPhoneが水没してしまいます。
水没が厄介なのは、下手に電源を入れてしまうと、ショートして保存していたデータが消えてしまうことです。

 

すぐに水気を拭いたとしても、中に浸水している恐れがある以上、下手に手を出さずに修理に出すのが良いのです。
専門の修理店に極力当日に持っていくことをお勧めします。

 

当日と翌日では復旧率がかなり違うそうです。

 

iPhone修理 三宮
交通事故は弁護士、神戸 AI法律事務所
リサイクルトナーカートリッジ

更新履歴