iphoneが発熱する原因は

iphoneが発熱する原因は

iphoneが発熱する原因は様々ですが、本来は筐体全体で放熱するように設計されているので、
放熱を阻害する原因を作っていないか確認する所から始める必要があります。

 

日本国内で多い傾向として、
本来はiphoneはそのままの状態で使うことで放熱性能をフルに引き出せるように設計されていますが、
デザイン性が高いカバーを付けることにより放熱性能を犠牲にしていることが少なくありません。

 

内部にはCPUとバッテリーが搭載されているので、iphoneを操作することにより発した熱を筐体経由で放熱する必要があります。
放熱が不十分な状態が続くと、基盤そのものが熱膨張を起こして破損したり、
基板上に配置された半導体の劣化が早くなることが原因で、更に動作異常が起きて発熱する原因となりかねません。

 

iphoneの内蔵バッテリーは、耐久性が高い製品が使用されていますが、
バッテリーが劣化している状況下ではバッテリーから出る熱量が増えてしまう傾向にあります。
充電しても使用可能な時間が新品購入時の半分程度まで短くなった際には、既にバッテリーが寿命に近いと考えられます。
また、バッテリーが膨張している様子が見られる場合には、早期点検修理を受けると良いでしょう。

 

また、重いアプリやゲームを長時間起動させていると、バッテリー残量が早く減るので充電が必要になります。
充電をしながらiphoneを使用する行為自体が、
バッテリーに負荷をかけることになるので、放熱量が増えてしまい発熱する原因となってしまいます。
iphoneの使用によりCPUから熱が発生し、バッテリー充電に伴い基盤やレギュレーター部分に負荷がかかる分だけ発熱します。

 

バッテリーから放電することによりiphoneは動くので、バッテリー放電時に発生する熱が更に加わりiphoneが加熱されている状態になるわけです。
充電中は、iphoneの操作をせずに充電が完了するまで待つことが望ましいです。