iphoneが充電しない

iphoneが充電しない

iphoneのバッテリーの残量が減ってきたら、充電しなければ使用する事ができなくなってしまいます。
しかし、充電ケーブルにiphoneを接続しても、充電できない事があります。iphoneが充電できない場合、いくつかの原因が考えられます。

 

充電できない原因で多いのが、iphoneがフリーズしている事です。
フリーズが原因で充電できない時は、電源を切ってもう一度電源を入れれば受電できる場合があります。
iphoneのバッテリーが完全に放電していたり、バッテリーの残量が少なすぎる場合でも充電できない事があります。

 

このような場合は、充電しているのに表示されない事があり、そのまま充電しておくと充電の表示が出る場合があります。
パソコンのUSBポートから充電していたり、OAタップなどから充電している場合でも、充電できない事があります。
このような場合は、パソコンのUSBポートやOAタップに問題がある事が考えられます。

 

他のUSBポートに接続したり、OAタップではなくコンセントに直接接続すると充電できる場合があります。
充電器やケーブルを純正品を使っていない場合でも、iphoneに充電できない場合があります。

 

純正品以外の製品を使っている時は、純正品を利用すると充電できるようにある場合があります。
また、バッテリーやドッグコネクタの不具合で、充電できない事も考えられます。
バッテリーが寿命になったり接続部分が故障していると、iphoneに充電する事はできません。
このような場合は、新しいバッテリーに交換したり、販売店などで点検してもらう必要があります。

 

ドッグコネクタに問題がある場合は、販売店などに修理を依頼しなければiphoneを使う事ができなくなる可能性があります。
ドッグコネクタが故障をしていると、充電できないだけではなく、他の機能にも不具合が出てしまう可能性があります。

 

通話できなくなったり、イヤホンやヘッドホンなどが利用できなくなる場合があります。

 

ドッグコネクタに不具合がある時は、早めに販売店などに修理を依頼するようにしましょう。