iphoneを初期化する方法

iphoneを初期化する方法

iphoneには初期化する機能がありますが、どんな時に初期化が必要かと思っている人もいると思います。
初期化は古くなったiphoneの端末を家族に譲渡したり、
中古ショップや携帯ショップでの下取りプログラムを活用する場合に利用します。

 

不要になったものを、下取りしてもらうことによって現金やポイントに交換することができるようになっており、
新しい機種を手に入れる時にも活用してきたいプログラムといえます。
iphoneの販売元であるAppleも公式サイトでデバイスを売却、または譲渡する時には必ず個人情報を削除してと呼びかけています。

 

具体的な初期化をする方法としては、まず、

  1. ホーム画面から設定を開きます。
  2. 設定の画面から一般をタップします。
  3. 一般を開いたら下の方に「リセット」というところがあるため、そこをタップしたら「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  4. パスコードを入力するという場面が出てくるため、パスコードを入力します。
  5. 入力後に「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします」とメッセージが出てくるため、その下にある「iphoneを消去」というところをタップします。
  6. その後再び確認メッセージが現れて、もう一度消去をタップを行います。
  7. 最後にAppleIDのパスワードを入力して、タップしたらiphoneの初期化が始まります。

 

一度初期化かしてしまうと、データは取り出せなくなります。
初期化する前にはパソコンのiTunesやiCloudなどを使って必ずバックアップを取っておく必要があります。
また、初期化を行うとiOSは最新のものになります。
iOSを最新バージョンに更新すると、前のバージョンには戻すことはできなくなります。

 

お店で買い取られた場合は、店側で初期化を行ってもらうことができますが、
本当に初期化されるか不安な場合には、売りに行く前に自分で初期化しておくことをおすすめします。