iphoneが反応しない時の修理方法

iphoneが反応しない時の修理方法

iPhoneはアンドロイドなどの他のスマートフォンよりもフリーズなどのちょっとした故障が多いデバイスとして知られています。
ちょっとしたトラブルでもそのまま電源がつかなくなり、データが消えてしまったりそのまま機種を変えなければならなくなることもあります。

 

そのためiPhone専用の修理店はたくさんあります。
その修理店に持って行く前に、ひとまず反応しない時には再起動を試してみましょう。
やり方は簡単で、電源のりんごマークを長押しするだけで電源が切れるので、
電源が切れたらその後もう一度長押しすれば再起動することが出来ます。
再起動ができない場合には、ituneとiPhoneをつないでみましょう。
ituneとつなぐとこでiPhoneを同期させて、再起動させることが出来ます。

 

あらかじめituneがインストールしてあるパソコンにUSBケーブルで繋ぎ、少し待つとiPhoneが認識されたという表示がされます。
その後りんごマークが出て、電源がついていつも通りに戻ることが多いです。
この方法で、かなりの確率で反応させることが出来ます。
とりあえずフリーズしたり電源が入らなくなるなどのトラブルがあれば、つないで同期させてみましょう。
なかなかそれでも直らない時には、修理店に持ち込んでみましょう。
水没なとの深刻なトラブルが起こっていなければ、無料で直してもらえることもあります。

 

iPhoneが使えなくなるととても動揺してしまいますが、このようにとりあえずはiPhoneをituneにつないでみるのがおすすめです。
いつフリーズなどのトラブルがあるかわからないので、あらかじめituneをインストールしておくといいでしょう。
修理方法はいろいろありますが、反応しなくても焦らなくてオッケーです。
もし何かすぐに使いたいことがあれば、修理店でもituneと繋いでくれるので出先で修理店によるとすぐに元の状態に戻すことが出来ます。